プロフィール

koyuki  某大学の芸術学部にて映画製作(撮影技術)を専攻しています。バイトと撮影に追われる日々を過ごす大学生★そして、今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』の広報スタッフやっ

  • Author:koyuki 某大学の芸術学部にて映画製作(撮影技術)を専攻しています。バイトと撮影に追われる日々を過ごす大学生★そして、今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』の広報スタッフやっ
  • ☆カミュなんて知らない☆

    ■映画祭■
    2005年カンヌ国際映画祭監督週間出品
    2005年ニュー―ヨーク映画祭出品
    2005年東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」出展


    ■内容■
    立教大学池袋キャンパスを舞台に繰り広げられる物語…。恋愛に制作に翻弄する学生たちの姿を描いた作品。

    ■演出・出演■
    監督:柳町光男  
    出演:柏原収史・吉川ひなの・前田愛and more・・・

    ■公開時期■
    2005年12月下旬 お正月ロードショー

    ■公開場所■
    渋谷ユーロスペース 他

    ☆プラス速報!!☆
    今年度ニューヨーク映画祭に出展が決定!!
    日本映画としては4年ぶりという快挙です☆

    ★プラス速報2★
    9月には完成披露試写会が開かれることになりました!

    >無事9月8日に終了いたしました。このイベントは、各メディアで紹介される予定ですので、分かり次第またお知らせいたします。しばらくお待ちください。

    ☆プラス速報3☆
    2005年度のPINKY9月号に、吉川ひなのさんによるカミュなんて知らない関連の記事が掲載されています。カンヌ映画祭や、監督とのお話が書かれています!カンヌの写真がとてもきれいです☆是非ご覧ください!

    ★プラス速報4★
    学生宣伝スタッフの持つブログを一本化しました♪
    リンクにも貼っていますが、こちらです!
    http://camusmovie.livedoor.biz/
    毎日学生スタッフが入れ替わりで更新する予定ですので、是非お越しくださいませ♪

    ☆プラス速報5☆
    今年度東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」のオープニング上映作品に、カミュなんて知らないが選ばれました!『カミュなんて知らない』を皆様に見ていただく機会が増えました♪10月22日・24日の上映予定となります。チケットのお問い合わせは東京国際映画祭の方にお願いします。

    是非是非、お正月・渋谷ユーロスペースに足を運んでくださいね!『カミュなんて知らない』をよろしくお願いします★

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

何でも部屋『カミュなんて知らない』
今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』を応援するページ☆ でも毎日感じた色んな事を書いていきます☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生宣伝ブログ担当日☆
先日は、
カミュなんて知らない

学生宣伝ブログ

記事の担当日で、私が記事を書きました!

各役者さんの情報をテーマにお送りしていますが、私の担当は、

阿部進之介さん・鈴木淳評さん・伊崎充則さん・金井勇太さん・たかだゆうこさんの計5名です。

皆さん、役柄も個性一杯のかたがたなので、どう表現したらいいのか悩みましたが、カミュなんて知らないの作中での役柄にそって書かせて頂いています。

皆様是非是非ご覧ください♪

カミュなんて知らない学生宣伝ブログはこちら↓↓

http://camusmovie.livedoor.biz/
スポンサーサイト
プラネタリウム☆水族館☆
先日、プラネタリウム&水族館に行ってまいりました☆

癒しですね。。。

本当は水族館目当てに出かけたのですが、同じフロアにプラネタリウムもある・・・とのことで。

いそいそと両方行ってまいりました♪

星って、最近見上げることなかったなぁって。

いろいろ余裕がなくて、あまり空を見上げることをしてこなかった1ヶ月。

天気のいい日でさえ、私は上を見たりしませんでした。

それだけきゅうきゅうな毎日だったんですけどね^^;

ちょっと空を見上げようって思いました。


水族館では、はしゃぎましたね!普通に。。。

海の生き物って、どうしてあんなにも緩やかなんでしょうね?

小さい水槽の中を、ぐるぐるぐるぐる泳ぎまわって・・・。

きっと窮屈でたまらないんだと思うけれど、それでもぐるぐるぐるぐる泳いでる・・・。

どう感じていいのか分かりませんでした。

でも、私の気持ちが穏やかになったのも事実。

やっぱり水はいいですね☆
『カミュなんて知らない』・東京国際映画祭出展☆
カミュなんて知らない

東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」

オープニング上映決定!!

・・・です。

10月22日・24日の上映となりますので、ふるってご参加ください☆

チケットなどのお問い合わせは、東京国際映画祭HPにお問い合わせくださいますようお願いいたします。

あぁ・・・。

カンヌ国際映画祭

ニューヨーク映画祭

東京国際映画祭

初めて映画の配給のお仕事を手伝いましたが、とんでもないことになっていますよね。。。再度カミュなんて知らないの、そして、柳町監督の凄さを確認した瞬間でした。

お正月に皆様と会場(渋谷ユーロスペース)でお会いできることを願いつつ♪
☆写真☆
久しぶりに、写真屋さんでのバイトです。。。

学校の実習のためお休みを頂いていたので、本当に1ヶ月ぶりのお仕事。

何もかもを忘れている自分がいます。

色の補正とかの感覚が鈍っています。

人間、やり慣れたことでも少し期間があくと忘れてしまうものなのでしょうか?

とりあえず、今日中に感覚を取り戻したいと願いつつ。。。
チャーリーとチョコレート工場☆
チャーリーとチョコレート工場を観て来ました。

奇怪な映画でしたね・・・。

気持ち悪いところはとことん気持ち悪く、優しい所はとことん優しく。

メリハリのある映画だったんじゃないでしょうか?

やはりジョニーデップが出る映画は、何処かしら必ず奇怪な部分があります・・・。なぜでしょう・・・?

この映画を見て、チョコレートを食べたくなるか、一生食べたくないと思うかは見た人の感想次第ですね。。。




”家族愛”をテーマにした本作品。

家族の大切さを今一度確認できる、心温まるストーリー。

・・・の中にある、チャーリーの毒。

ユニークでなかなか楽しめました。

まだご覧になってない方は、ご自身で確認してみてください☆
SHINOBI
SHINOBIを観てきました☆

映像がめちゃくちゃ綺麗!!!でした。

実は、この映画の関係者が私の担当講師の方でもあって、前前から観たいと思ってはいましたし、公開翌日に観に行きました。

CGもかなり駆使されていたし、何より山々の壮大さが良く分かるカメラワークでしたね。空撮?としか考えられないんですが…。

話自体の感想は、まだ公開されて間もないですし、まだ観ていない方もいらっしゃると思うのでここでは伏せますね。

ただ、一つ言わせてください。

夕焼けをバックに主人公が歩くシーン。

鳥がばぁっと飛び立ちます。

そのシーンが、なんと偶然撮られたものらしいです。

(何かの特番で、そう言っていたと友人に聞きました。)

すごい。。。。

偶然の産物が、あんなに綺麗に撮れるものかと疑ってしまうほど。

CGを使っている作品だと、全体的に作り物くささが結構残ってしまうイメージがあったのですが、この作品ではあまり感じられませんでした。

ただ、映像の綺麗さに圧倒され、CGを使うシーンはその技術力の圧倒され、映画技術を学ぶ身として、唖然としました。

確かに、まだ私は素人同然です。おそらく、普通に映画好きの人と比べても、私より遥かに映画に詳しい方が居ると思うほど、私はまだまだ発展途上なのです。その私があれこれ言うのはどうかとも思いますが、この映像の綺麗さ、すごいです。

衣装や山々の色合いなども、映像に反映していると思います。

紅葉や、各出演者の個性に合わせた色合いの衣装。

”忍者モノ”ということで、衣装の凝り方もかなりのものでしたよ☆



是非是非、御覧下さい☆
殺人事件
殺人事件

それは、簡単に言っているけど実際起こってはならないこと。

カミュなんて知らないの映画の中で、学生たちが取り上げる映画の題材にもなっています。


人を殺す時の心情って、どうなんでしょうね?

学生たちも映画の中でその疑問、悩んで、苦しんでいます。

”退屈な殺人者”

それは、どんな意味で捕らえたらいいのだろう?

私は、カミュなんて知らないの映画を観ています。

試写会の後の正直な感想を、今まで微妙に黙っていたけど、語ってみますね。

分からない

はい!正直な感想です。

・・・・・・・・・・。

いや、本当に分からないんですよ。

何を悩んで、何がわからないのかが分からないんです。

ただ一ついえるのは、映画の中の学生の気分になっていたって事かな。

学生たちが悩む事、私にもわかりませんでしたし、一緒に悩みました。

私は撮影技術を学んでいる身ですので、映画を撮るのに必死な学生たちの姿は痛いほど良く分かります。でも、別に映画技術を学んでいない方々も、同じ思いをしたのではないですかね?

きっと、同じ疑問を抱き、同じ悩みを持つと思いますよ。

だって、普通の人は殺人なんてした事無いんだから。


殺人者がどんな気持ちで殺人を犯すのか?


そんなこと、経験者にしか分からない。
だけど、殺人事件を映画にする以上犯人の気持ちを明確にしないといけない。

そんな学生たちの苦悩もあるのです。

映画撮影を学ぶ人以外にも、”映画を創る事の大変さ”が伝わる作品?
って言えると思いますね。もちろん、この映画が”真に伝えたいこと”ではないですので、悪しからず…。


撮影実習終了☆
終わりました!撮影実習☆

とは言っても、夏休みの間の実習が終わっただけで、また金曜土曜は続きをするんですけどね…。

来週月曜日からは正規の授業が開始されます。普通の毎日に戻るわけです。

この実習の間、いろいろな事を学び、いろいろな事を体験しました。

中でも、仲間の大切さや、連帯責任の重さ…。

この二つが今回の実習で一番身にしみた事です。

もちろん、撮影技術もちゃんと吸収しましたけどね!

仲間の大切さ。
打ち上げで酔いつぶれた時や、撮影実習中に体調が悪くなった時、何の文句も言わず介抱してくれた仲間。

自分はとても情けないことをしているのにもかかわらず、優しい言葉をかけて、ずっとそばに居てくれた。

申し訳ない気持ちで一杯で、ずっと謝りつづけてた私を叱ってくれた。

それがとても痛くて、泣いたりもしたけれど、ありがとうの気持ちで一杯一杯でした。


連帯責任の重さ。
たとえ10分の遅刻でも遅刻は遅刻。私は今回奇跡的とも呼べるかもしれませんが、一度も遅刻や欠席はありませんでした。

でも、仲間が遅刻してきても、それは自分の責任にもなると教えられた。

それはとても重たくて、”自分は遅刻していないのになぜ私が責められるんだろう”と、先生に怒られた時はその気持ちで一杯でした。

でも冷静に考えて、同じグループで動いている以上、当たり前の事だと理解し、納得した。それと同時に、この感覚を大切にすべきだとも思った。

きっと社会に出たら、怒られる事もなく、遅刻なんてした瞬間にクビだろう。

それだけ映画を創る身としては、集団行動の責任が重い。

だから、今回得た事。

大切に大切に覚えておきます。

これからの成長のためにも。



ずっと更新滞っていて、申し訳ありませんでした。
今日から一応連休ですし、正規の授業はそれほど大変でもありませんので、毎日更新を目指して頑張りますので、お付き合いの程、お願いいたします☆
ちゃんとカミュなんて知らないのお話も更新します!
カミュなんて知らない・公式ホームページ
『カミュなんて知らない』の、

公式ホームページ

当然知っているはずの映画。
なんだかとても、知らない映画のように思えてしまったのは、

色んな情報が凝縮されているから。でしょうか?

とにかく、色々なところにリンクが張り巡らされていて、『殺人について』や、小説『異邦人』について。

知りたい情報はほぼ詰まっているのではないでしょうか?




更新!!!
はい!更新途絶えてました!・・・申し訳ありません…。

まず、ネットがつながらなくなり、つながったと思ったら私自身が疲れに負けて・・・。

そんな毎日。。。



とりあえず、撮影が終了しました!撮影だけですが。
昨日でクランク・アップし、なんとか肩の荷を下ろすことが出来ました。

って言うのは嘘です。

試写するまでドキドキが止まりません!!!
絶対あそこのシーン、マイクが入った!とか、そんな初歩的なミスが明らかに分かっている部分が何ヶ所かあるので…。

次に学校に行ったら、まずはフィルムの現像をして、試写ですね。
現像作業がこれまた時間がかかる作業です。が、面白いです!暗室でフィルムをつなげる事から始めるのですが、

ホントに真っ暗!!
普通、暗闇でも多少の光があると、目が慣れればなんとなくそこに何があるとか分かるものですよね?

真っ暗。

”多少の光”だけでもフィルムに入ったら感光しちゃうので…。なので、暗視スコープをつけての作業になります。よくマフィアモノの映画である、暗闇でも緑に光って見えるアレです!初めて使ったとき、

すげぇ

としか言えませんでした(笑)

だって、暗闇なのに、スコープつけた瞬間に全部見えるんですよ!!すごいはしゃぎましたねW

と、まぁこんなこともするって言う一例です。
まだまだ撮影が終わっても、やる事一杯盛り沢山!!

デジタルビデオムービーで撮れば、撮影終了次第パソコンに取り込んで編集して、そこで色を変えたりすればいい話なので、フィルムカメラで撮るより遥かに早いです。

だけど、やっぱりフィルムの良さには叶わないような気がするんです。
映画の内容や、好みによるかもしれないですが、日本映画独特の感じが出ないような気がするんですよね。

だから、苦労が多くても、頑張っていけるんじゃないかな。
撮影!!!
本日は、

私がメインの撮影でした。。。

いや、学校の実習の中のお話ですが。

とりあえず、

お願いします連発・・・

役者さんに『お願いします』・監督様に『お願いします』・撮影部様に『お願いします』

いやはや…。大変でした。

でも、5カット1時間という、私の中では快挙を成し遂げました!

・・・アクシデントのおかげなんですけどね;
工事現場を撮るカットがあったのですが、いざ撮ろうとしたら、

ん?工事やってなくない?

・・・・・・・・・。

昼休み???


と、言うわけで、私たちも昼休みをとらざるを得なくなり、結果として1時間ほど無駄な時間を過ごす事になってしまったのです。

まぁ、昼食を摂ることも大事な事なんですけどね;
でも、現場のテンションとかあるわけでして…。本番前のテストをやっておきながら実際キャメラを回せないというのは、現場の中でもっとも嫌な雰囲気なのではないでしょうか。。。

このアクシデントの結果として、早く終える事が出来たわけで、少し複雑です。

現場に出ると、このようなアクシデントが普通に有り得る事だそうです。役者さんの演技に頼る事の出来ない自然な事だったり、その場その場のカットだったりするのは、一種の賭けですね。でもそれをいかに進行させるかは、現場の助監督さんの力だったり、スタッフ様方の機敏な動きだったり。


今日も色々実感。。。


明日も撮影は続きます。
明日は私がキャメラを握るわけではないですが、キャメラ周りを担当します!露出を入れたり、ピントをきったり・・・。明日も大変だ><頑張ります☆
小原孝流ピアノサロン★
今日、すぅっっっかり忘れていたのですが、
家族でピアノコンサートを観に行ってきました☆

弾き手は小原孝さん

曲の合間の語りが楽しかったです♪

もちろん、ピアノの演奏も素晴らしかったですよ!

クラシックとか、ジャズとか、ジャンルを決めずに曲を弾き方のようで、オールジャンル弾いていた感じでしたね。

テレビドラマの曲をピアノアレンジして弾いていたのですが、新鮮でした。その曲の良さや、雰囲気は残しつつ、ピアノ曲として生まれ変わっている。そんな気がしました。

あっ、あと、声が素敵です☆
サマータイムマシン・ブルース☆
制作準備の合間をぬって、

サマータイムマシン・ブルースを観てきました。

闇鍋のような映画でした。

最初の伏線が、どんな効果を生むのか、途中から惹き込まれましたね。

始めの場面で、写真を撮っている女の子にピントが当てられ、後ろのぼやけた部分に人影が見えるなって、思っていました。それが後に絶大な効果を生んでいたわけですが。これだけの伏線を回収するのは難しいだろうなぁと思っていましたが、それはさすがの本広監督!

構成がしっかりしていたかどうかは、正直よく分かりません。
って言うのも、前に述べたように伏線が沢山あるからです。
私は構成を勉強している身ではありませんので、素人考えで突っ込めないというのが正直なところなのです><

でも、素人考えで言わせていただけるならば、よく出来た映画だったと言わざるを得ないと思います。ちょっと中だるみな感じがしたのも事実ですが、伏線の回収に差し掛かると、実にテンポ良く話が進んでいました。

”楽しく観れたかどうか”

それにかかっている作品だったのではないかと思います。

楽しく観れました

是非御覧あれ♪
NANA
NANAを観てまいりました☆

やっぱり話題作だけあって構成もしっかりしていたように思えました。

が、

漫画と同じすぎやしないか・・・?

と思えましたね。

ですが、その内容は年齢・性別関係なく見れるものだったと思います。

恋愛に関して言えば、相手との均整が大事だって事を改めて感じた。

夢を追いかけたり、意地を張らないことの大切さを突きつけられた。

「例えば誰かのためじゃなく貴方のために・・・」

CMで何度もこの部分だけを聞いて、今日初めて「・・・」の部分の歌詞を知ったけれど、私はCMで流れていた時に、自分自身でこの先の歌詞を考えてました。

「生きていきたい」

って歌詞をつけました。
自分のために生きるのは当たり前。だけど、それ以外に何かあるなら、貴方のために行きたいと願っていた時期がありました。もうそう思うことは出来なくなってしまったけれど。

この映画は、私が今まで体験してきたことが凝縮されていたような映画でした。

恋愛・浮気・夢を追いかける姿・仕事・それから、友達。

いっぱい色んな人に支えられて生きてる。それを最近実感させられました。
NANAや仲間に支えられるナナ。
ナナに支えられるNANA。

その姿はとても繊細で素敵でした。
私も、”ありがとう”って叫びたくなりました。




ありがとう。
何回・何万回言っても足りないよ。
いっぱいいっぱい、ありがとう。
完成披露試写会速報☆
早速、

カミュなんて知らない完成披露試写会

のことが、

学生宣伝ブログ

で、紹介されています!!

では是非御覧下さい☆
完成披露試写会☆
本日は、

今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展

ニューヨーク映画祭出展作品



『カミュなんて知らない』

の、完成披露試写会でした☆

前回の日記にもある通り、私は学校の実習の関係で出席することが出来ませんでしたので、他のスタッフ様からの報告を待ってここで紹介したいと思います。少々お待ちくださいませ★
館山ロケーション撮影☆
館山にロケーション撮影旅行に行ってまいりました。そのため更新が滞っておりました。申し訳ございませんでした。


撮影は二日にわたって行われ、大学のセミナーハウスに着いてから、ロケハン(ロケーションハンティング:撮影場所の下見&決定)を行い、それから照明を準備したりと大変でした…。台風で一時はどうなるかとも思いましたが、本番直前にはカラッと晴れてくれたのでよかったです☆

学校の課外実習で行ってきましたが、すごい!!!

撮影が終わったの、夜中の2時でした。

おいおい…。

先生方もかなり怒っていらっしゃいました…。
段取りが悪すぎると。

確かに…。

何といいますか、とにかく部屋のライティングが一カットごとに変わるのは当たり前のことですが、毎回毎回露光量(光量といった方が正確ですが。)を測って照明の位置を変えて。。。

素人にはわかりません。


まして私たち学生で、まだまだ勉強が足りない身分です。
それが今回よーくわかりました…。


これからも、まだまだ撮影は続きます。
終わる頃には、先生方が居なくても自分で何でもできるようになれるといいな…。というか、そうならなければ…。

今回使っていませんが、映画用35ミリフィルムカメラです。かっこいいでしょ☆


順番☆
先日一本化された、『カミュなんて知らない』学生宣伝スタッフブログ

本日は私の担当日で、記事を書かせていただきました☆

この何でも部屋とはまた違った雰囲気で、どう表現していいか迷いましたが、ありのままを書かせていただきました。よかったら御覧下さい♪
メールフォーム☆
メールフォームを設置しました!

何かご意見ありましたらどしどしお寄せください☆

では今後ともよろしくお願いします☆
お休みな日
日曜日。

今日はお休み☆

なのに体調をまた崩して苦しむ一日。。。。

そして、台風ですね。



ですね。

怖い…。

何か今年は雷に怯えさせられることが多い気がします。

怖い・・・
実習生活
今日の実習報告☆

フィルムの濃度を測ったり。

監督様&演者様と打ち合わせしつつ、セットの中でリハーサルをやったり。


ホントに疲れました。


やる気のない更新っぷりで申し訳ありません。

帰宅してからも測定した値を元にグラフを描く作業の準備やらで計算事項がいっぱい…。もともと文系の私からすると物凄く苦な作業です…。

実際の撮影現場でも、撮影に入る前段階で同じ事をやっているはずです。すごいなぁって、今更ながらに思います。

フィルムってそれぞれ特性があるものなんです。だから、そのフィルムの特性を知って、実際の撮影でどのような映像になるのか把握するための作業って事になります。
監督様がどのような画を求めているのか知ることも大切なことなのです。

打ち合わせ・フィルムテスト・リハーサル

全て大事なことです。撮影者は大変です。結構しんどいです。


でも、完成した時は人一倍嬉しいんじゃないかな☆頑張った分だけ嬉しいと思います。それは何も映画の撮影だけにとどまることではないけれど、その”嬉しさ”を得るために、


明日も学校☆頑張ります♪

学校スタート★
学校が始まって早3日。

いやはや、疲れます…。

昨日も帰宅後早々にベッドへ…。と思いきや、やること一杯盛り沢山☆
ってなわけで、デスクワークをしていたわけですが。

でも昨日は、学校後にご友人様方と池袋へパフェを食べに行ったり♪

まぁ、打ち合わせっぽかったりするんですけどね(^^;)

学校の実習は、学校が休みで校舎が使い放題なこの時期に、作品を一本撮影するというもの。渡された台本を元に、本格的にフィルムカメラを用いて撮影するわけです。きっと、『カミュなんて知らない』もこんな風に撮られたんだろうなって思ってみたり。。。(実際もっと凄い事しているとは思いますけど)

広報仲間のサメ猫さん(http://blog.goo.ne.jp/coco_mico)も記事にしていましたが、照明とかの位置考えるの、本当に大変なんですよ!実際の映画の中で、夕日に染まる部屋とかが出てきたら8割がた照明機材で作られた夕焼けなんですが。

どうやったら夕日に見えるのか?どんなフィルターを使ったらいいのか…。
私は『カミュなんて知らない』の撮影現場にはお邪魔していないので、なんともいえないですが、実際の大学のキャンパスを撮影現場にしているところからしても、色々と苦労があったと思うのです。



今実際に撮影活動をしていて、まだ作品には入れない段階ではありますが、映画の撮影って、言葉で言い表せないくらいの大変さ…。なのですよ。。
だから、どんな作品であっても、できる限り多くの人に観て欲しいのです。
『カミュなんて知らない』
どうぞよろしく。。。V6010033.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。