プロフィール

koyuki  某大学の芸術学部にて映画製作(撮影技術)を専攻しています。バイトと撮影に追われる日々を過ごす大学生★そして、今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』の広報スタッフやっ

  • Author:koyuki 某大学の芸術学部にて映画製作(撮影技術)を専攻しています。バイトと撮影に追われる日々を過ごす大学生★そして、今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』の広報スタッフやっ
  • ☆カミュなんて知らない☆

    ■映画祭■
    2005年カンヌ国際映画祭監督週間出品
    2005年ニュー―ヨーク映画祭出品
    2005年東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」出展


    ■内容■
    立教大学池袋キャンパスを舞台に繰り広げられる物語…。恋愛に制作に翻弄する学生たちの姿を描いた作品。

    ■演出・出演■
    監督:柳町光男  
    出演:柏原収史・吉川ひなの・前田愛and more・・・

    ■公開時期■
    2005年12月下旬 お正月ロードショー

    ■公開場所■
    渋谷ユーロスペース 他

    ☆プラス速報!!☆
    今年度ニューヨーク映画祭に出展が決定!!
    日本映画としては4年ぶりという快挙です☆

    ★プラス速報2★
    9月には完成披露試写会が開かれることになりました!

    >無事9月8日に終了いたしました。このイベントは、各メディアで紹介される予定ですので、分かり次第またお知らせいたします。しばらくお待ちください。

    ☆プラス速報3☆
    2005年度のPINKY9月号に、吉川ひなのさんによるカミュなんて知らない関連の記事が掲載されています。カンヌ映画祭や、監督とのお話が書かれています!カンヌの写真がとてもきれいです☆是非ご覧ください!

    ★プラス速報4★
    学生宣伝スタッフの持つブログを一本化しました♪
    リンクにも貼っていますが、こちらです!
    http://camusmovie.livedoor.biz/
    毎日学生スタッフが入れ替わりで更新する予定ですので、是非お越しくださいませ♪

    ☆プラス速報5☆
    今年度東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」のオープニング上映作品に、カミュなんて知らないが選ばれました!『カミュなんて知らない』を皆様に見ていただく機会が増えました♪10月22日・24日の上映予定となります。チケットのお問い合わせは東京国際映画祭の方にお願いします。

    是非是非、お正月・渋谷ユーロスペースに足を運んでくださいね!『カミュなんて知らない』をよろしくお願いします★

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

何でも部屋『カミュなんて知らない』
今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』を応援するページ☆ でも毎日感じた色んな事を書いていきます☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリーとチョコレート工場☆
チャーリーとチョコレート工場を観て来ました。

奇怪な映画でしたね・・・。

気持ち悪いところはとことん気持ち悪く、優しい所はとことん優しく。

メリハリのある映画だったんじゃないでしょうか?

やはりジョニーデップが出る映画は、何処かしら必ず奇怪な部分があります・・・。なぜでしょう・・・?

この映画を見て、チョコレートを食べたくなるか、一生食べたくないと思うかは見た人の感想次第ですね。。。




”家族愛”をテーマにした本作品。

家族の大切さを今一度確認できる、心温まるストーリー。

・・・の中にある、チャーリーの毒。

ユニークでなかなか楽しめました。

まだご覧になってない方は、ご自身で確認してみてください☆
スポンサーサイト
SHINOBI
SHINOBIを観てきました☆

映像がめちゃくちゃ綺麗!!!でした。

実は、この映画の関係者が私の担当講師の方でもあって、前前から観たいと思ってはいましたし、公開翌日に観に行きました。

CGもかなり駆使されていたし、何より山々の壮大さが良く分かるカメラワークでしたね。空撮?としか考えられないんですが…。

話自体の感想は、まだ公開されて間もないですし、まだ観ていない方もいらっしゃると思うのでここでは伏せますね。

ただ、一つ言わせてください。

夕焼けをバックに主人公が歩くシーン。

鳥がばぁっと飛び立ちます。

そのシーンが、なんと偶然撮られたものらしいです。

(何かの特番で、そう言っていたと友人に聞きました。)

すごい。。。。

偶然の産物が、あんなに綺麗に撮れるものかと疑ってしまうほど。

CGを使っている作品だと、全体的に作り物くささが結構残ってしまうイメージがあったのですが、この作品ではあまり感じられませんでした。

ただ、映像の綺麗さに圧倒され、CGを使うシーンはその技術力の圧倒され、映画技術を学ぶ身として、唖然としました。

確かに、まだ私は素人同然です。おそらく、普通に映画好きの人と比べても、私より遥かに映画に詳しい方が居ると思うほど、私はまだまだ発展途上なのです。その私があれこれ言うのはどうかとも思いますが、この映像の綺麗さ、すごいです。

衣装や山々の色合いなども、映像に反映していると思います。

紅葉や、各出演者の個性に合わせた色合いの衣装。

”忍者モノ”ということで、衣装の凝り方もかなりのものでしたよ☆



是非是非、御覧下さい☆
サマータイムマシン・ブルース☆
制作準備の合間をぬって、

サマータイムマシン・ブルースを観てきました。

闇鍋のような映画でした。

最初の伏線が、どんな効果を生むのか、途中から惹き込まれましたね。

始めの場面で、写真を撮っている女の子にピントが当てられ、後ろのぼやけた部分に人影が見えるなって、思っていました。それが後に絶大な効果を生んでいたわけですが。これだけの伏線を回収するのは難しいだろうなぁと思っていましたが、それはさすがの本広監督!

構成がしっかりしていたかどうかは、正直よく分かりません。
って言うのも、前に述べたように伏線が沢山あるからです。
私は構成を勉強している身ではありませんので、素人考えで突っ込めないというのが正直なところなのです><

でも、素人考えで言わせていただけるならば、よく出来た映画だったと言わざるを得ないと思います。ちょっと中だるみな感じがしたのも事実ですが、伏線の回収に差し掛かると、実にテンポ良く話が進んでいました。

”楽しく観れたかどうか”

それにかかっている作品だったのではないかと思います。

楽しく観れました

是非御覧あれ♪
NANA
NANAを観てまいりました☆

やっぱり話題作だけあって構成もしっかりしていたように思えました。

が、

漫画と同じすぎやしないか・・・?

と思えましたね。

ですが、その内容は年齢・性別関係なく見れるものだったと思います。

恋愛に関して言えば、相手との均整が大事だって事を改めて感じた。

夢を追いかけたり、意地を張らないことの大切さを突きつけられた。

「例えば誰かのためじゃなく貴方のために・・・」

CMで何度もこの部分だけを聞いて、今日初めて「・・・」の部分の歌詞を知ったけれど、私はCMで流れていた時に、自分自身でこの先の歌詞を考えてました。

「生きていきたい」

って歌詞をつけました。
自分のために生きるのは当たり前。だけど、それ以外に何かあるなら、貴方のために行きたいと願っていた時期がありました。もうそう思うことは出来なくなってしまったけれど。

この映画は、私が今まで体験してきたことが凝縮されていたような映画でした。

恋愛・浮気・夢を追いかける姿・仕事・それから、友達。

いっぱい色んな人に支えられて生きてる。それを最近実感させられました。
NANAや仲間に支えられるナナ。
ナナに支えられるNANA。

その姿はとても繊細で素敵でした。
私も、”ありがとう”って叫びたくなりました。




ありがとう。
何回・何万回言っても足りないよ。
いっぱいいっぱい、ありがとう。
ダークエンジェル★
久しぶりに、ジェームズ・キャメロン監督の、ダークエンジェルを見た。

やっぱり凄い、この作品。

”臨場感溢れる”なんて、ちゃちな言葉では片付けられないものがある。

やたらに戦闘に強い女の子。

本当に、実在してるんじゃないの?!って思うほど。

食糧不足で闇市が広がる、シアトルの町。

本当にこうなっちゃったんじゃないのシアトル?!って思うほど。





全てが、パーフェクト。

この作品はそう思わせる。

セカンドシーズンはちょっと中だるみな気がするけれど・・・

ビルからビルに飛び移る主人公。

絶妙なタイミングの編集。

素晴らしい。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。