プロフィール

koyuki  某大学の芸術学部にて映画製作(撮影技術)を専攻しています。バイトと撮影に追われる日々を過ごす大学生★そして、今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』の広報スタッフやっ

  • Author:koyuki 某大学の芸術学部にて映画製作(撮影技術)を専攻しています。バイトと撮影に追われる日々を過ごす大学生★そして、今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』の広報スタッフやっ
  • ☆カミュなんて知らない☆

    ■映画祭■
    2005年カンヌ国際映画祭監督週間出品
    2005年ニュー―ヨーク映画祭出品
    2005年東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」出展


    ■内容■
    立教大学池袋キャンパスを舞台に繰り広げられる物語…。恋愛に制作に翻弄する学生たちの姿を描いた作品。

    ■演出・出演■
    監督:柳町光男  
    出演:柏原収史・吉川ひなの・前田愛and more・・・

    ■公開時期■
    2005年12月下旬 お正月ロードショー

    ■公開場所■
    渋谷ユーロスペース 他

    ☆プラス速報!!☆
    今年度ニューヨーク映画祭に出展が決定!!
    日本映画としては4年ぶりという快挙です☆

    ★プラス速報2★
    9月には完成披露試写会が開かれることになりました!

    >無事9月8日に終了いたしました。このイベントは、各メディアで紹介される予定ですので、分かり次第またお知らせいたします。しばらくお待ちください。

    ☆プラス速報3☆
    2005年度のPINKY9月号に、吉川ひなのさんによるカミュなんて知らない関連の記事が掲載されています。カンヌ映画祭や、監督とのお話が書かれています!カンヌの写真がとてもきれいです☆是非ご覧ください!

    ★プラス速報4★
    学生宣伝スタッフの持つブログを一本化しました♪
    リンクにも貼っていますが、こちらです!
    http://camusmovie.livedoor.biz/
    毎日学生スタッフが入れ替わりで更新する予定ですので、是非お越しくださいませ♪

    ☆プラス速報5☆
    今年度東京国際映画祭「日本映画・ある視点部門」のオープニング上映作品に、カミュなんて知らないが選ばれました!『カミュなんて知らない』を皆様に見ていただく機会が増えました♪10月22日・24日の上映予定となります。チケットのお問い合わせは東京国際映画祭の方にお願いします。

    是非是非、お正月・渋谷ユーロスペースに足を運んでくださいね!『カミュなんて知らない』をよろしくお願いします★

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

何でも部屋『カミュなんて知らない』
今年度カンヌ国際映画祭監督週間正式出展作品『カミュなんて知らない』を応援するページ☆ でも毎日感じた色んな事を書いていきます☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題・課題・課題・・・
先日課題のドキュメンタリー映像(10分間作品)の編集を終えた。

ように見えた・・・。

でも自分の提出日は17日。実は一番遅い。

他の友人らはもう締め切られていたり、10日だったりする。

まだ私には余裕があるわけだ。

なのに、

終わったぁ♪










と、思っていたけど。

やっぱり提出がまだ先だとこだわりたくなってくる。

昨日ほぼ徹夜で終わらせたというのに、夢で違う編集をしている自分を見てしまった。。。


夢ってすごい。


なんか夢の中の自分によって編集の段取りついちゃったよ。。。









今日夢の編集に切り替えようと思います・・・。

昨日の睡眠時間カムバック・・・・・・









スポンサーサイト
撮影実習終了☆
終わりました!撮影実習☆

とは言っても、夏休みの間の実習が終わっただけで、また金曜土曜は続きをするんですけどね…。

来週月曜日からは正規の授業が開始されます。普通の毎日に戻るわけです。

この実習の間、いろいろな事を学び、いろいろな事を体験しました。

中でも、仲間の大切さや、連帯責任の重さ…。

この二つが今回の実習で一番身にしみた事です。

もちろん、撮影技術もちゃんと吸収しましたけどね!

仲間の大切さ。
打ち上げで酔いつぶれた時や、撮影実習中に体調が悪くなった時、何の文句も言わず介抱してくれた仲間。

自分はとても情けないことをしているのにもかかわらず、優しい言葉をかけて、ずっとそばに居てくれた。

申し訳ない気持ちで一杯で、ずっと謝りつづけてた私を叱ってくれた。

それがとても痛くて、泣いたりもしたけれど、ありがとうの気持ちで一杯一杯でした。


連帯責任の重さ。
たとえ10分の遅刻でも遅刻は遅刻。私は今回奇跡的とも呼べるかもしれませんが、一度も遅刻や欠席はありませんでした。

でも、仲間が遅刻してきても、それは自分の責任にもなると教えられた。

それはとても重たくて、”自分は遅刻していないのになぜ私が責められるんだろう”と、先生に怒られた時はその気持ちで一杯でした。

でも冷静に考えて、同じグループで動いている以上、当たり前の事だと理解し、納得した。それと同時に、この感覚を大切にすべきだとも思った。

きっと社会に出たら、怒られる事もなく、遅刻なんてした瞬間にクビだろう。

それだけ映画を創る身としては、集団行動の責任が重い。

だから、今回得た事。

大切に大切に覚えておきます。

これからの成長のためにも。



ずっと更新滞っていて、申し訳ありませんでした。
今日から一応連休ですし、正規の授業はそれほど大変でもありませんので、毎日更新を目指して頑張りますので、お付き合いの程、お願いいたします☆
ちゃんとカミュなんて知らないのお話も更新します!
撮影!!!
本日は、

私がメインの撮影でした。。。

いや、学校の実習の中のお話ですが。

とりあえず、

お願いします連発・・・

役者さんに『お願いします』・監督様に『お願いします』・撮影部様に『お願いします』

いやはや…。大変でした。

でも、5カット1時間という、私の中では快挙を成し遂げました!

・・・アクシデントのおかげなんですけどね;
工事現場を撮るカットがあったのですが、いざ撮ろうとしたら、

ん?工事やってなくない?

・・・・・・・・・。

昼休み???


と、言うわけで、私たちも昼休みをとらざるを得なくなり、結果として1時間ほど無駄な時間を過ごす事になってしまったのです。

まぁ、昼食を摂ることも大事な事なんですけどね;
でも、現場のテンションとかあるわけでして…。本番前のテストをやっておきながら実際キャメラを回せないというのは、現場の中でもっとも嫌な雰囲気なのではないでしょうか。。。

このアクシデントの結果として、早く終える事が出来たわけで、少し複雑です。

現場に出ると、このようなアクシデントが普通に有り得る事だそうです。役者さんの演技に頼る事の出来ない自然な事だったり、その場その場のカットだったりするのは、一種の賭けですね。でもそれをいかに進行させるかは、現場の助監督さんの力だったり、スタッフ様方の機敏な動きだったり。


今日も色々実感。。。


明日も撮影は続きます。
明日は私がキャメラを握るわけではないですが、キャメラ周りを担当します!露出を入れたり、ピントをきったり・・・。明日も大変だ><頑張ります☆
館山ロケーション撮影☆
館山にロケーション撮影旅行に行ってまいりました。そのため更新が滞っておりました。申し訳ございませんでした。


撮影は二日にわたって行われ、大学のセミナーハウスに着いてから、ロケハン(ロケーションハンティング:撮影場所の下見&決定)を行い、それから照明を準備したりと大変でした…。台風で一時はどうなるかとも思いましたが、本番直前にはカラッと晴れてくれたのでよかったです☆

学校の課外実習で行ってきましたが、すごい!!!

撮影が終わったの、夜中の2時でした。

おいおい…。

先生方もかなり怒っていらっしゃいました…。
段取りが悪すぎると。

確かに…。

何といいますか、とにかく部屋のライティングが一カットごとに変わるのは当たり前のことですが、毎回毎回露光量(光量といった方が正確ですが。)を測って照明の位置を変えて。。。

素人にはわかりません。


まして私たち学生で、まだまだ勉強が足りない身分です。
それが今回よーくわかりました…。


これからも、まだまだ撮影は続きます。
終わる頃には、先生方が居なくても自分で何でもできるようになれるといいな…。というか、そうならなければ…。

今回使っていませんが、映画用35ミリフィルムカメラです。かっこいいでしょ☆


実習生活
今日の実習報告☆

フィルムの濃度を測ったり。

監督様&演者様と打ち合わせしつつ、セットの中でリハーサルをやったり。


ホントに疲れました。


やる気のない更新っぷりで申し訳ありません。

帰宅してからも測定した値を元にグラフを描く作業の準備やらで計算事項がいっぱい…。もともと文系の私からすると物凄く苦な作業です…。

実際の撮影現場でも、撮影に入る前段階で同じ事をやっているはずです。すごいなぁって、今更ながらに思います。

フィルムってそれぞれ特性があるものなんです。だから、そのフィルムの特性を知って、実際の撮影でどのような映像になるのか把握するための作業って事になります。
監督様がどのような画を求めているのか知ることも大切なことなのです。

打ち合わせ・フィルムテスト・リハーサル

全て大事なことです。撮影者は大変です。結構しんどいです。


でも、完成した時は人一倍嬉しいんじゃないかな☆頑張った分だけ嬉しいと思います。それは何も映画の撮影だけにとどまることではないけれど、その”嬉しさ”を得るために、


明日も学校☆頑張ります♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。